フランチャイズのハナシ

フランチャイズビジネスに関わるニュースやお得情報などを紹介。

ブルースターバーガーがFC加盟店の募集

株式会社ブルースターバーガージャパンが運営する「ブルースターバーガー」は5月10日(月)よりFCマッチングプラットフォーム「フランチャイズハジメルくん」を導入し、フランチャイズ加盟店の募集を開始しました!

f:id:franbg:20210512125250j:plain
ブルースター

ブルースターバーガーは2020年11月に中目黒にオープンし、オーダー・決済・受け取りまで全て完全非接触型の、イクアウト・デリバリーのみのハンバーガー専門店。

DXを駆使する事で、手作りの高品質なハンバーガーをお手頃価格で提供出来るモデルとなっており、時代に沿った業態として、オープン当初から様々なメディアに取り上げられ、コロナ禍においても好調な業態となっています。

この回、オンライン説明会を6月初旬に開催し、100名様限定で第1期・重要出店エリアでの出店枠募集するのだそうで、事前登録を行ってから参加するようです。

フランチャイズハジメルくん

完全非接触”のテイクアウト・デリバリー専門店

独自のモバイルオーダーシステムを導入しており、ニューノーマル時代に安心の「完全非接触」で完全キャッシュレス化。 オリジナルアプリまたは店頭のタブレットで商品を注文・決済すると、受け取り番号が発行され、店頭にあるピックアップ専用棚よりセルフで商品を受け取る仕組みとなっており、完全キャッシュレスなので、現金に触ったり、レジで待たされたりすることもありません。

全てITで完結するテイクアウト・デリバリー専門のハンバーガー店として業界に革命を起こします。

低価格かつ高品質を実現

驚異の原価率59%! 新鮮でおいしい手作りハンバーガーを、いつでも手ごろな価格で提供します。 「完全キャッシュレス化」「テイクアウト・デリバリー専門店」とすることで、家賃・内装投資・人件費といった経費を極限まで軽減させ、その分を商品原価に投資するモデルとなっており、素材の鮮度と作り立てにこだわった高品質なグルメバーガーをカジュアルに楽しむことができます。

また、無駄な在庫や廃棄を省き、常に新鮮な食材が利用できるLimited Supply Style(メニューを絞り、売り切れ次第販売終了)を取ることで、フードロス削減にも取り組んでいきます。

職人不要。

牛角」や「焼肉ライク」など、これまで2,000店舗以上の外食チェーンを手掛けてきた西山知義氏がプロデュース。

15坪からオープンできるフランチャイズ最適業態店内はテイクアウトに特化した効率的なレイアウト。 ピックアップするだけなので、待ち時間もイートインスペースも不要で、店舗面積が小さくても経営できるため、賃料も最低限で済み、初期投資が安く、職人技が要らないモデルとなっています。

メニュー数も絞られている為、オペレーションもシンプルですし、アプリ上で在庫と連動しているため、店舗発注の手間や食品ロスも抑えられ、フランチャイズにも最適な業態です。

豊富な経験とノウハウを持って全力でサポートします。

2坪で月商450万円超え

デリバリーに特化したクラウドキッチンKitchenBASEから初のフランチャイズモデル登場!

f:id:franbg:20210413132247p:plain
クラウドキッチン

「今すぐデリバリーに挑戦したい」「新規事業や店舗拡大の一手にしたいが、失敗したくない」という方向けに、デリバリーで売ることのみを考えて開発された月商450万円超えのブランドのオーナーを目指せるKitchenBASE Franchise(キッチンベース フランチャイズ

kitchenbase.jp

コロナ禍において、デリバリーやテイクアウトに業態をシフトする飲食店が増えていますが、UberEatsや出前館などのデリバリープラットフォームを使った売り方・商品の魅せ方と、実店舗は売り方が全く異なります。

実店舗であればお店の雰囲気や接客も含め、そのお店の付加価値と評価されるのですが、デリバリーでは料理の味やお届けの速さ、お届けした際の体験などがその価値となります。

KitchenBASEでは、2019年6月からデリバリー専門のクラウドキッチンの運営を始め、自社でも直営ブランドを15以上も開発、「デリバリーで売れる商品」のみを追求してきました。

そこで生まれたのが今回の約2坪の極小キッチンで、月商450万円超えを叩き出す「NY屋台メシ!!チキンオーバーライス」や「THIS IS ニューヨークチキンラップ!」「台湾の夜市」です。

3ブランド
3ブランド

フードデリバリーを最近始めた、または始めようとしている方が増えている一方、デリバリーで売れるブランドの開発には時間もお金もかかるため、「今すぐデリバリーに挑戦したい」「新規事業や店舗拡大の一手にしたいが、失敗したくない」という方向けに、自社開発したブランドのオーナーになっていただける『KitchenBASE Franchise(キッチンベース フランチャイズ)』を開始。

KitchenBASE Franchiseを使う4つのメリット

デリバリーで売ることのみを考えて開発した、月商450万円超えのブランドのオーナーになれる

2019年6月からデリバリー専門のキッチン運営をはじめ、15個以上の自社ブランドを開発。 もちろん最初から売上がよかったわけではなく、試行錯誤を繰り返して最強のデリバリーフードとして誕生したのが「NY屋台メシ!!チキンオーバーライス」。

我々が約2年間で蓄積したノウハウ、知識がつまった”デリバリーで売れるブランド”をオーナーとして販売していただけます。

受注から商品完成まで最短1分でできるオペレーションが確立されている

デリバリーで売れる商品には様々な条件があり、その中の一つがお客様の注文からお届けまでの時間が短いこと。

到着までに時間が長いとお客様は他の商品を注文してしまい、大きな機会損失となります。 NY屋メシ!!チキンオーバーライス・THIS IS ニューヨークチキンラップ!は受注から商品完成まで最短1分でできるオペレーションを構築。

最初は10倍以上の時間がかかっていましたが、仕込みや準備、機材の置き場所まで細かい改善を重ね、1分という時間で作れるまでになりました。

自社システムで分析した売上レポートを戦略に活用できる

KitchenBASEでは独自に開発したシステムで売上レポートを提供。

総売上・客単価・リピート率・商品別リピーター・商品別売上など、「お昼時の売上が低いから手頃な価格のランチメニューを追加しよう」「この商品はリピート率が高いからさらにプロモーションを強化しよう」など、売上アップの戦略に活用することができます。

安定した売上を元に自分のブランドにも挑戦

「デリバリーは未経験なのでノウハウを教わりながらやってみたい」「オリジナルブランドだけで安定した売上が上がるか不安」という声は多く、KitchenBASE Franchiseならすでに売上が上がっているブランドで安定的な売上を確保しながら、オリジナル商品に挑戦することができます。

既存の自社開発商品だけでなく、今後開発するブランドもフランチャイズオーナー様にご提供していくとともに、より広範囲のお客様に楽しんでいただけるよう、KitchenBASEの施設自体も拡大できるよう、取り組んで参ります。

Due Italian、 フランチャイズ事業をスタート

東京市ヶ谷に本店がある女性からの支持率No.1と言われている人気らぁ麺店「ドゥエイタリアン」。 看板商品である、丼一杯のフルコースをコンセプトにした“らぁ麺フロマージュ”はシェフ石塚特製とろ~り濃厚チーズを麺に絡めて食べる“新しいらぁ麺のかたち”。

ドゥエイタリアン
ドゥエイタリアン

ミシュランガイド東京3年連続掲載の屈指の実力店が満を持してフランチャイズ展開します!

他では絶対に味わえない唯一無二のらぁ麺を武器に日本全国、そして世界にうって出ます。

路面店の場合15坪、商業施設内の場合10坪程度から開業可能! 店舗導線にもこだわり常時2オペレーションで対応可能

スープ、麺はプライベートブランド化し、アルバイトスタッフでも味にぶれがでませんし、直営店での店長研修、オープン前の店舗での実地研修も実施。

mig-holdings-fc.com